医療業界の人材不足が深刻化

今、医療業界において非常に人材不足が深刻化しているのは、皆さんはご存じでしょうか。
といっても、医療業界における医師不足は今に始まった話ではありません。
かなり以前より、人材が不足していたことは確かで、その不足状態に輪をかけるかのように医師不足が起こっている、といった方が正しいのかもしれません。
医師として働いている皆さんは、この医師不足をどう捉えてらっしゃるのでしょうか。
ただ、医師不足の背景には医師が絶対的に足りないのではなく、医師の偏りが原因となっている場合も多いのです。
地域によって医療格差が非常に大きいと言われるこの業界では、都市部では医師が足りていても、過疎化が進んでいる地域では全く足りていないというパターンも珍しくはありません。


求人&テクノロジーの進歩で縮まる医療格差

医師求人サイトをみればたくさんの募集が掲載されていますが、よく見ると診療科目や地域など、やはり有る程度偏りがあることも見えてきます。
この状況が改善するには、まだまだ時間が必要になるのではないでしょうか。
しかし、一方で人材不足の解消に貢献が可能な最先端技術も出てきています。
医療バイオテクノロジー、VRによる医師研修技術、予防医療に役立つウェアラブル端末、そういったもの達です。
テクノロジーが発達することで新たな治療法が確立し、様々な医師がその恩恵に預れれば、必然的に医療格差も縮まってくるでしょう。
そこで、今回は様々な技術の中から、特にバイオテクノロジーの進歩について、皆様と情報を共有していきたいと思います。