1. 血栓を安全に溶かす最新レーザー治療

血栓を安全に溶かす最新レーザー治療

日本の最新のバイオテクノロジー技術

続いて、現代日本における最新のバイオテクノロジー、血栓を溶解させる技術についてお話をしたいと思います。
心筋梗塞、脳梗塞、その他様々な症状、特に命に関わるような状況を作り出してしまう可能性が高いのが、血管中にできてしまう「血栓」というもの。
血栓については、医師のみならず一般の方にとっても非常に馴染みのあるキーワードですので、大抵の方はその存在をしっかりと認知しており、血栓ができると大変だという認識を持たれているのではないでしょうか。
特にここ5年程度の間に、心筋梗塞や脳梗塞などに罹患される患者さんも増加をしており、冬季のお風呂についても入り方などに注意喚起が入るような状況となっています。

レーザーで血栓を溶解させる治療システム

さて、このように大変困ってしまう血栓という存在ですが、実は浜松にある研究グループが、レーザーを用いて血栓を溶解させる治療システムを開発したということで話題になっています。
同グループは、既に様々な動物によってこの治療方法の安全性、有効性については確認をとっており、浜松医療センターにおいて治験が既に開始されています。
波長500-600nmのレーザー光が持つ特性を活かすことで、血管内皮等には損傷を与えず、対象の血栓のみを選択して溶解させることが可能なため、急性期脳梗塞の治療などにも非常に期待されている技術です。
溶解された血栓の断片は10μm以下となることも確認されており、別の部位で新たに血管閉塞が起きる可能性も低いというメリットもあります。