1. バイオテクノロジーの進歩が目指す未来とは

バイオテクノロジーの進歩が目指す未来とは

新しい技術適用されるまで10年以上かかる現実

今後、ますます増加していく多種多様な医療ニーズ。
それらの細分化されたニーズに応えるべく、今現在も世界中において様々なバイオテクノロジー技術が生み出されています。
医師のみなさんであれば、既にご実感されていることでしょうが、こういった技術が開発されることそのものは非常に喜ばしいことですので、やはり情報が解禁され、その新たな知識に触れる事で「ここまで出来るのか」と感動してしまうことも少なくありません。
しかし、その一方で新しい技術の多くが一般の患者さんに適用されるまでには、治験、臨床試験、様々なレギュレーションや時には法整備の問題も相まって、10年以上の歳月がかかってしまうことも珍しくありません。
それでも、やはり多くの方が病気等によって困っているのですから、新たな技術によって容易に治療できるようになれば、医師も患者さんも、これほど嬉しいことはないでしょう。

『病気になる前に予防する』時代の医師求人とは

今現在、医療業界においては様々な大きな波が来ているようにも思います。
地域の医師不足がより深刻になってきた今、例えば大手求人サイトの医師転職ドットコムでは神奈川県の医師求人特集など、地域ごとに求人情報の特集を行っています。
地域格差を防ぐためにも病気になったら治す、というのが今までの当たり前の考え方でしたが、これからは病気になる前に予防する、ということが当たり前となってくるのではないでしょうか。
世界的に見れば予防医学を重視した動きが活発化しており、ウェアラブル端末、生体センサーを用いた様々な技術の開発など、病気になる前に病院に行かずとも自分の状態がモニタリングできるような技術がどんどん表に出てきているようです。
そしてバイノテクノロジーの進化によって医師の求人情報も変化を迎えていく事でしょう。